個人情報の消去
個人情報の消去

デジタルカメラを捨てる際は、個人情報保護のため、必ずメモリーカードを抜き取ってください。
また、カメラによっては、メモリーカード以外にも画像データ等の個人情報がカメラ本体に記録されている場合がありますので、全て消去してください。

カメラ本体画像データの消去 画像データは、カメラ本体の初期化(フォーマット)や削除では、完全に消去されない場合があります。
例えば次の様な方法で消去することが可能です。
メモリーカードが抜かれていることを確認して以下の操作をしてください。

  • 画像データ等の初期化をしてください。
  • 記録領域がいっぱいになるまでプライバシーに関連しない画像を撮影してください。
  • 再度初期化や消去を行ってください。

メモリーカードを廃棄する場合は、上記1-3を行い消去することも可能です。

カメラ本体設定データの消去 個人認証機能で登録した顔の画像データ(顔情報)や、個人情報(名前、誕生日)、無線LANの設定をしているデジタルカメラを廃棄する時は、取扱説明書に従い全ての登録情報を消去してください。
*残存データの漏えいによる損害等に関して、当工業会は一切の責任を負いかねます。

駆動電池の取り外し
駆動電池の取り外し

カメラ(フィルムカメラを含む)を捨てる際は、カメラ本体から駆動用電池を取り外してください。駆動用電池の取り外しに際しては、取扱説明書をよくお読みください。

駆動用電池の廃棄 ● リチウムイオン電池、ニッケル水素電池、ニカド電池等 小形充電式電池(繰り返し充電ができる電池)の場合 取り外した使用済小形充電式電池は、『充電式電池リサイクルボックス』のあるリサイクル協力店にお持ちください。リサイクル協力店については一般社団法人JBRCのホームページをご覧ください。
また、ご不要になった小形充電式電池は、ショートによる発煙、発火の恐れがありますので、絶縁のために端子にテープを貼るか、小形充電式電池1個毎にポリ袋に入れてください。

● アルカリ電池、マンガン電池、リチウム一次電池(使い切りの電池)の場合 お住まいの市区町村の廃棄処分方法に従ってください。

【資源有効利用促進法(正式名称:資源の有効な利用の促進に関する法律)】 2001年4月1日から、資源有効利用促進法の施行により、使用済小形充電式電池の回収・リサイクルが電池メーカーおよび当該電池を使用する機器メーカーに義務付けられました。CIPA会員企業は、「一般社団法人JBRC」に加盟し、業界としての共同回収・リサイクル推進活動に協力しています。

カメラ及び付属品の廃棄
カメラ及び付属品の廃棄

デジタルカメラ、フィルムカメラ、及びその付属品の廃棄の方法は市区町村によって異なる場合があります。
お住まいの市区町村に確認し、その指示に従ってください。
*付属品とは、交換レンズ、充電器、ACアダプター、ケーブル、フラッシュ、リモコン等の小型電子機器を示します。

【小型家電リサイクル法(正式名称:使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律)】 2013年4月1日から、小型家電リサイクル法の施行により、使用済のデジタルカメラ、フィルムカメラ、及びその付属品などの小型電子機器を回収して再資源化する制度が始まりました。
制度の詳細については、政府広報のホームページをご覧ください。